WEB(ホームページ)制作会社better standars

Corporate WebSite
企業・団体・組織のWebサイト制作します

porn

コーポレイトサイトの役割、認識できていますか?

コーポレイトサイト、企業サイト、会社サイト、ホームページなど呼び名は色々とありますが、あらゆる意味で、会社の顔、窓口となるWebサイトです。名刺代わりになればいいとお考えの場合は、役割は名刺だと思いますので、受け答えしたり、ユーザーの課題を解決する必要はないと思いますが、現在ではコーポレイトサイトに様々な役割や目的を持たせることが多くなっています。組織が大きければその想定するユーザーも多岐にわたり、それに応じて目的も異なってきます。

Webサイトの存在する目的は明確にした方がいいと、よくWebサイトをデザインをする際に言われていることですが、コーポレイトサイトはブランドサイトやサービスサイト、イベントサイトに比べると目的を明確化するのは、コーポレイトサイトに様々な要素が集約されているケースが多いため、より複雑になります。

双方から見たコーポレイトWebサイトの役割

コーポレイトサイトがサイトオーナー、事業者から求められていること(役割)は、ビジネスに貢献することです。利益を上げる、効率化でコストが下がる、顧客や社員の満足度を上げることなどが挙げられます。

  • ビジネスに貢献する

その一方で、コーポレイトサイトがユーザーに提供するもの(Webサイトの役割)として、ユーザーが抱えている課題を解決することです。会社の地図を確認したいのか、商品に関する情報を探しているのか、または掲載されている関連するコンテンツやブログを見に来ているのかなどが考えられます。

  • 課題を素早く解決する(情報の提供)

サイトオーナーとユーザー双方の目的に対して、Webサイトが果たすために必要なもの

  • ユーザーに素早く課題を解決してもらい
  • ついでに他のPRするポイントものぞいてもらう

ことになるのではないでしょうか?
ユーザが抱えている課題は様々です、Webサイトの機能としては、正確で最新の情報に簡単にたどり着いてもらえる、関連するチェックしておいた方がメリットがありそうな情報を提案することです。ユーザーが抱えている課題を考えるのには、ユーザーのタイプによって考えて見た方がよさそうです。

Webサイトが提供する課題解決のための機能

  • 最新で正確な情報の提供
  • 簡単にたどり着けるサイト構成
  • 関連する情報の提案

コーポレイトサイトに訪問してくるユーザー層

訪問してくるユーザーは企業によるところや、その他の所有するWebサイトにもよって変わってくると思いますが、大きく分けて下記のようなタイプに分類されます。(一番下の投資家、株主は上場企業など一部の規模の大きな企業になります)

  • 顧客
  • 求職者(採用)
  • 仕入先
  • メディア関係者
  • 社員やその周り
  • 株主、投資家

企業がいまいるフェーズや状況に応じてこれらのタイプ別ユーザーに重要度や優先度をつけていくことで、複雑なコーポレイトサイトの役割について輪郭がはっきりしてきます。

顧客

顧客は直接取引きがあるか、ないかは関係なく自社の商品やサービスを購入して利用している、または購入する、利用する可能性のあるユーザーです。顧客に対する課題を解決することで、営業効率があがったり、実際に販売が伸びたりすることが期待されます。顧客の課題は、商品やサービス、会社情報、キャンペーンなどの営業情報に関連することに課題があると想定できます。ブランドサイトやサービスサイトが他にある場合、課題を解決するためのWebサイトはコーポレイトサイトではないことが多いので、顧客タイプのユーザーの訪問の割合は少なくなる傾向があります。

例:新しく〇〇の導入を検討しているが、サービスの比較検討したい

求職者(採用)

求人募集に応募するのに、その企業のWebサイトを見て、応募するかどうについて参考にする求職者は多くなってきています。企業から見た場合も、いい人材、フィットした人材を獲得するために、企業情報を公開し企業のブランド価値を高めるメリットもあります。

例:求人情報サイトに掲載されていたあの会社について見て見たい

仕入先

現在取引きがあるのか、これから取引きがあるのかに関係なく、企業の仕入れ先の方もコーポレイトサイトに訪問してきます。訪問する際にオフィスの場所や連絡先を確認したいというユーザーもいますし、闇雲に電話営業をかけてくるようなユーザーもいたりしますが、企業にとってメリットがある商品やサービスを紹介してくれる可能性があるユーザーも含まれます。また、このような営業を望んでいない場合は、適切にお断りするメッセージを掲載することで、無駄な対応に追われるということも少なくなりますし、窓口を別途用意することで効率化が計れます。

例:自社で取り扱っているサービスを勧めたい企業を探している

メディア関係者

メディアに携わる方がニュースになりそうな情報やメディアに掲載するために必要な情報を探している場合もあります。実際にメディアには掲載されない場合もあるかと思いますが、メディア掲載をきっかけに商品やサービスが売れ始めるといったことも珍しくありません。

例:〇〇というテーマに取材しいるので、関連するサービスがあれば取材してみたい

社員

企業で働いている方も自社のWebサイトに訪問してきます、自分とは関係のない部署などが行なっている企業活動や公開されている情報を探している場合などが想定されます。Webサイトを通して自社の活動を知るという機会は珍しいものではありません。対外的なメッセージは社員のためのメッセージでもあるわけです。

例:現在実施しているキャンペーン情報を確認したい

株主、投資家

上場企業、または上場を目指しているスタートアップや、資金調達を行なっている企業は、投資家、株主向けに情報を提供する必要があります。

例:以前紹介されたサービスについて、出資を検討したいがWebサイトはどうなってるのか?

コーポレイトサイト制作に必要なもの

  • 現Webサイトの情報(リニューアルの場合)
  • 現状把握(リニューアルの場合)
  • ロゴ
  • 写真やテキストなどの素材

コンテンツ制作や写真撮影などのお手伝いなどが必要な場合はご相談ください。

コーポレイトサイト制作の進め方

  1. 無料相談
  2. ヒヤリング
  3. お見積もり
  4. 現状把握
  5. ご提案アートワーク、トップページ構成など
  6. デザイン
  7. コーディング、実装
  8. 納品、公開

おおまかな進め方です。リニューアルや公開に連動したプロモーション、集客も検討されている場合など、ご相談ください。

コーポレイトサイト制作の費用

  • 7〜8ページ
  • ブログ
  • 問い合わせ
  • WordPress
  • レスポンシブルデザイン
  • 内的なSEO対策
  • google analytics設定
  • SNS連携

40万円〜

ミニマムでのご予算です。ページの追加やコンテンツ企画、写真撮影などが必要な場合やgoogle analyticsの設定や問い合わ機能、CMSがいらないなどお気軽にご相談ください。

Let's Chat!

WEBサイト、デジタルマーケティングでお困りのことございませんか?
お気軽にご相談ください!相談無料です。

問い合わせる

お電話でも受け付けています

0467-23-7969

平日10:00〜17:00まで。

Company Profile

関係者の方でご検討されたい方のために実績などをまとめた会社案内をPDFでご用意しています。
ご自由にダウンロードください。

ダウンロードする